トップへ戻る
過去日記ログ
他の月を見る

徒然なるままに書き殴り

特にテーマは決まっていません。仕事・コンピュータ・政治・日々の戯言など、
思いつくままに、気ままに、適当かつ無責任に書いております(笑)
暇つぶしにもならんかも。

2001年10月から書いてます(w
(2005/08)


[ 大変な目にあっておりました・・・。 ]
ご無沙汰しております(笑)
夏休みボケはとっくに直っております、スーパーミートでございます。
いやいや、いろいろ大変な目にあってましてね・・・。

この一週間、僕が担当している客先でLinuxサーバの障害が発生したのと、
別件でリース契約に伴う書類上の処理に奔走しておりました。

ええっと、まずLinux障害の件。
サーバは、RHEL ES3を使用しており、RAID1で構成。
障害の内容は以下。

1.Linuxサーバストールし、再起動しても、再度ストール。
    ↓
2.Linuxサポートセンターに連絡するが、原因不明もあり、対応遅れる。
    ↓
3.OSでなく、ハードを疑うが、保守センターに部品がなく、これも対応が遅れる。
    ↓
4.原因不明のまま、ハードディスクを交換し、とりあえず復旧。
 障害発生から対応完了まで6時間半。

で、この障害から出た問題点など。
1.このサーバは以前から障害を起こしていた。設計上問題があるのではないか?
2.ハードディスクはミラーリングしているのに、なぜ縮退しなかったのか?
3.サポートセンターの対応遅すぎ。技術がないのか。人員が少ないのか?
4.保守部門に部品がないとは何事か。氏ね。
5.今後サポートセンターと保守がきちんと対応できる体制を作らないと、
 もう二度と買わない。
6.で、上記について8月中に回答を出せ。

・・・ええ、お客が怒るのも当然です。
たぶん、僕がお客の立場でも怒りますよ。
で、これに対応しないといけないのですが、ん?、これってどこに
問い合わせすればいいんだ?

っつうか、ここで新たな問題点発生。
実は転職した当初から思ってたんだけど、うちの社内の責任体制や
このお客の引継ぎをしっかりとしていないんですよね。
やらなきゃいけないのは分かってたんだけど、特に問題もなかったし、
そのうち経験して覚えていくだろうと甘く考えていたんですよね。
実際、それで今までやってこれたし。
が、いざこういうトラブルを目の前に突きつけられると、ええ、
全く動けません(泣)
一応問い合わせ先は知ってるけど、そこがどのくらいこの件で責任を
持ってるかも分からないし、分からないから対応について強く言えない。
当然そんなだから対応も要領良く動かない・・・という感じだったのね、
当初は。
で、はい、ギブアップです。
とにかく緊急なんで、素直に上司にお願いすることにしました。

が、僕の不手際も手伝って、今度は上司がブチ切れですよ(泣)
これも今になって思うんだけど、上司の仕事と僕の仕事の区分けを
最初からはっきりしてなかったのね。
いや、「困ったり問題があれば上司に報告して、後は自分で考えてやれ」
っつうのが仕事のスタンスなんですが、いくら中途採用で即戦力とは言え、
こんな経験したこともないトラブル処理をいきなり一人でできませんって。

が、まあ上司が文句を言ったところで、とにかく緊急の対応が必要だったし、
「できないものはできない」ということで上司に手伝ってもらいましたよ、ふぅ。

トラブル処理の方は何とかなりそうなんですが、今期は数字もいってないし、
営業数字の管理もミスが多いし、トラブル処理もまともにできないし、
上司の僕の評価はかなり低いだろうなぁ・・・。

が、まあ、人生はチャレンジだと言うことで、頭を切り替えて
やっていくしかないっすね(笑)

で、次、リース契約に伴う書類上の処理について。
かなり特殊なケースになるのですが、非常に多くグループ会社を持つ
親会社の子会社様とのやりとりです。
そのグループ会社2社にシステムを追加導入することになりました。
が、このシステムというものは基本的に親会社がソフトベンダーと
協力して構築しているもので、Oracleを含め、様々なソフトが動いています。
そして、そのソフトにそれぞれのソフトサポート契約が必要になります。
今までは親会社が指定するリース会社に、ハードリース料と共に
ハード・ソフトそれぞれの保守料も代理で回収してもらっていました。
が、今回、1社が「リース料が安い」という理由で違うリース会社と契約し、
もう1社が「現金で買う」と言い出しました。
っつうか、そこんところは「指定のリース会社でお願いします」と
強く言わなかった僕のミスもある。
そんな状態で、親会社からプレッシャーをかけても良かったんですが、
一応僕のミスもあることだし、本部に(今回は責任先ははっきりしていた)
相談したところ、僕も本部もどうしても今月に売り上げたい物件であるし、
今からリース先を見つけるとなると今月に売り上げが立たなくなる可能性も
高いため、今回は仕方なくその条件で契約することに。

が、ここからが大変。

まずは、保守料の各ベンダーごとの切り分けです。
これがまたややこしい。
そもそも親会社の構築しているシステムであり、ハードソフトとも
親会社指定のものであり、機器やソフトの明細をいちいち客先に
提示していないんですよ。
で、まず、それらを一つ一つ洗い出しました。

次に、契約したリース会社に代理回収を依頼。
が、このリース会社の担当者が業務に不慣れなため、一から十まで
こっちが指示する羽目に。
「こんなことやったことない。」
「この資料じゃ分かりません。」
「ベンダー担当者の連絡先を教えてください。」
「ベンダー担当者は何も分からないそうです。」
「私もよく分からないので、私の代わりにベンダーに連絡してください。」
「今回はよく分からないので、キャンセルさせてもらえませんか?」

・・・、ええ、何気に必死でしたよ。
が、まあ「これができれば今後も注文が来るかもしれないよ。」などと
何とかリース会社にお願いすることに成功しました。

次、現金購入のグループ会社。
こちらは結局保守料をうちが代理回収し、うちがそれぞれのベンダーに
振り込むことになりました。
っつうか、各ベンダーから毎月請求させればいいんですが、結局、
各ベンダーの取り分を客に見せないほうがいいんじゃないっつことで、
うちの代理回収が決定しました。

いやぁ、しんどかったですよ、今週は。


さて、転職してすでに9ヶ月が経とうとしています。
今の仕事は以前の仕事に比べて、とにかく頭を使いますね。
まあ上司の考えにもよるんでしょうが、うちの上司は平社員にも
上司並みの仕事を求める考え方をする人ですし、確かにそうした方が
各部員の能力も伸びるでしょうが、なかなかすぐには難しいものです。
特に僕の場合は、そもそも転職者が非常に少ない会社であるため、
転職者についての教育体制があまり整っていない、扱い方が分からない
という面も多分にあったのだと思います。
転職者についての教育がどの程度あるのかを、転職する方はしっかりと
確認したほうがいいと思いますね。
特に大企業の場合は社内の体制もそうですが、担当の引継ぎがあった場合は、
特に念入りに行ったほうがいいと思われます。
そうでないと、「何でもかんでも即戦力」と思われかねません(笑)し、
その結果、有事の場合に会社にも自分にもマイナスに作用してしまう
ということがあるかもしれません。
転職される方はご注意を。



この一週間に選挙などいろいろな動きがありましたね。
多忙だったため、全く書けませんでしたが、気になったことだけ。
1.ホリエモンの広島6区立候補
亀井静香氏はホリエモンのことを「金でどうにでもなると思ってる」と
評価していますが、世の中は「金」が非常に重要なのですよ。
「金でどうにでもなる」いいじゃないですか、ほとんど当たってますし。
それより、今回の選挙は日本国のための働く代議士を選ぶことです。
「地元基盤」とかが通用する数十年前ではないことを理解してください。
亀井静香に投票するぐらいなら喜んでホリエモンに投票します。
民主党は眼中にございません。

2.各党のマニフェスト
「アジア」とか「世界」とか目に付くんだけど、他国の日本の評価ばかりに
気を取られすぎだと思うのですが、どうでしょうか?
「世界の目なんてどうでもいい。」という方、立候補をお待ちしています。


ではまた。
2005/08/26(Fri)


[ NHK「日本の、これから」 ]
昨日書いた話題と重複するのですが、面白かったもので再度書いてみます。

掲題の放送が8/15終戦記念日に生放送で放送されました。
ちなみに僕は2部の途中から見ておりました。
この番組については様々なブログで取り上げられているようです。
散歩道が分かりやすくまとめられておりますので、是非ご一読を。

まあ内容自体は満足できるものではなかったですが、でもまあ桜井女史や
町村外相などの神発言や、「中国はチベットを侵略している」など
通常の放送では聞かれない発言も飛び出したことは評価していいのかなと。
で、そんな中で気になったある方の発言。
-----------------------------------
竹林(40代?男性)
「中国でIT企業を経営してる。4月16日に上海に行った、が、会社は影響なし。17日は観光して、18日に全社集会をやり、歴史認識について社員全員に話した。諸君の中にお祖父様、お祖母様が日本軍にひどいめにあったと複数いるのはよく知っている。実際、社員のお母さんから、若い頃に村で教師をしていて、日本軍が村人全員を殺して、財産を奪って、村全体を焼いて帰ったという話を直接伺ったことがある。嘘だと思う人は思えばいい。でもそれは私は嘘だと人間として言えなかった。その時にどうするか決めて、中国にまいりました」

司会
「歴史認識について社員に話したというのは?」

竹林(40代?男性)
「まず、テーブルに深々と頭を下げて、私の先祖のやったこととはいえ、ご家族殺されてるから、多大なご迷惑をかけた、子孫の私としてお詫び申し上げますとはっきり言った。が、あなたの息子さんといっしょに仕事したくてここに来てる。お母様は大反対してたが、未来にむかってぜひお母様も仕事を許可してほしいと申し上げた」
-----------------------------------

つまりこの竹林っつう人は、「日本人にひどいことをされた」という話を信じ、
何の疑問も持たずに謝罪をしちゃってるわけです。
何も知らないお人好しですぐに人を信じる日本人の典型的パターンですね。
いやぁ、日本人は中国朝鮮人を疑うことを覚えた方がいいですよ。
この話だけだとまだ何とも言えない部分もあるのですが、もしかしたら
確かに虐殺はあったのかもしれない。
が、それを日本人がやったという証拠はないわけですよ。
当時、中国人の盗賊どもが大暴れしてたのは事実ですしね。

・・・と思ってたら棒太郎の備暴録にてこんなものを発見しました。
さらにこれ

ええ、証拠はないので何とも言えませんが、なにやらキムチの臭いが
漂ってこないでもない(笑)

ちなみにこの竹林さんがやってる会社は十条電子株式会社っていう、
結構立派な会社でございます。

いやぁ、インターネットって怖いですねぇ(笑)
2005/08/18(Thr)


[ ナショナリズム ]
未だ夏休みボケのスーパーミートでございます。
朝起きるのが辛いです・・・。

さて、今日はアジア地区ワールドカップ最終予選の日本vsイラン戦でしたね。
すでにワールドカップ出場を決めている日本とイラン。
当然のようにお互いヨーロッパチームに所属する選手は出ていませんでした。
ま、すでに出場を決めてますから、僕もあまり熱くならずに見ていたわけです。
で、話はガラリと変わるんですが、最近特に「日本の右翼化」「ナショナリズム」
という言葉が目につきます。
先日の終戦記念日にNHKでやってたこれでも、「ナショナリズム」という言葉が
多く出てきました(ような気がする)。
っつうか、様々な報道を見てると、左翼勢力やニダシナは日本の右翼化など
ナショナリズムの高まりに恐怖を抱いているのが見え隠れしています。

が、よくよく考えると、僕は少し以前まで「ナショナリズム」って
あんまり気にすることなかったような気がします。
みなさんもそうじゃないですかね?
町村外相によると、日教組は「マルクスレーニン主義」に偏っているらしく、
いわゆるその教師どもが「日本は過去に悪いことをしたんだ〜」と教え、
日本人が日本を愛さないような「自虐的歴史」を刷り込ませてきたという
こともあり、あんまり「日本万歳」してなかったですよね。
が、これが最近変わってきたと。
で、いつぐらいから変わってきたのかなと薄らぼんやりと考えていたわけです。

で、ええっと、ここからは僕の勝手な意見です。
最近の日本人全員が日本を応援するようになったのって、
W杯がらみのサッカー日本代表からじゃないですかね?
日本人が一丸となってサッカー日本代表を応援する姿みたいなのを、
スポーツを含めてほとんど見た記憶がないんですよ。
っつうか、その姿こそがナショナリズムなのではないかなと。
いや、団塊とか権力闘争の時代は僕は知りませんから、その頃は無視してください。
いやぁ、満員になった競技場を見て、ふとそう思ったんですよね。
最初は2002年の日韓W杯からかなとも思ったんですが、それよりは
若干早いような気がします。
日本代表を応援→日本を誇りに思う→右翼化っつうような気がするのですが、
いかがでしょうか?

すいません、つまんないこと書いて。ふと思ったものですから。


さて、他の話題。
ええっと、在日について、Doronpaさんがこんな意見
書かれています。
過激な意見とも思いますが、不法入国者の場合、通常の場合は本国へ
送り返すのが基本です。
在日韓国朝鮮人はそのほとんどが元を辿れば不法入国者ですから、
当然本国へ送り返そうという意見です。

いや、ごもっともな意見ですよ。

が、これもふと思ったんですが、これを「過激な意見」と思うところが
日本人の甘さなのかなと。
在日のことを快く思っていない方が多いと思いますが(っつうか、在日のことを
快く思う輩の方が明らかにおかしい)、ここまではっきりと意見を主張される方って
あまりいらっしゃらないですよね。
ええ、そこが日本人の甘さ、日本人がつけこまれるところなのではないかなと。
ふと思ってみたのでした。

次にこれ
はい、とうとう認めましたね。
「法的根拠はどこにもない」ことを。
いやぁ、どうしようもないですね、この国は。
やってることがデタラメ、メチャクチャ。
「知れば知るほど嫌いになる国」ですよ、本当に。
で、この国、今から法律を改定して「法的根拠」を作るらしいですよ。
韓国人は韓国を「先進国」にしたいようですが、確かに経済的数字だけは
「先進国」かしれません。
が、いかんせん、「先進国」には相容れない「世界最低民度」を持っています。
とても「先進国」にはなれそうもないですね(w

民主党のマニフェストが出ましたが、内容については様々なブログで
袋叩きにあっておりますので、そちらをご覧ください(笑)

それと、面白そうなブログを発見しました。
韓国的日々っつうブログですが、サムスンに勤める彼と
韓国で生活して1年になる女性のブログです。
今だからこそ・・・ 韓国斬り !!と同じく、韓国の生々しい姿が
描かれています。
「早く別れちまえばいいのに」と思いつつ読んでみてください。

最後に、ちょっと感動したこれ
僕はまだ行ったことないので、一生に一度ぐらいは行きたいですね。


ということで、また。
2005/08/17(Wed)


[ 戦争調査 ]
今日で休みも終わりですよチキショー(泣)
さて、明日15日は終戦記念日です。
終戦記念日に仕事してるって、社会人になって初めてのような気がする。
今回もそうですが、だいたいお盆休みってのは8/12〜8/16ぐらいですからね。
まあ明日は書類整理でもやってますよ。

で、こんな話題。
<戦争調査>「間違った戦争だった」43% 毎日新聞実施

ええっと、まあ毎日新聞がやってるので信用に値しません(笑)
また、設問が不適切で分かりづらい。
所詮、毎日新聞なんてこんなレベルですよ(失笑)

が、まあとりあえず抜粋。

・日本が米国や中国などと戦った戦争を「間違った戦争だった」と答えた人は43%で、「やむを得ない戦争だった」の29%より多かった。
・戦争責任に関する戦後の議論については「不十分だった」との回答が75%に上り、「十分だった」の14%を大きく上回った。


戦争当時のことを知れば知るほど「やむを得ない戦争だった」と
思うようになると思うですが、どうなんでしょう。
詳しくは昭和史の真実太平洋戦争 - Wikipediaをどうぞ。
しかし、僕は「間違った戦争だった」とも思います。
まず戦争に正否が存在するのかということは置いておいて、日本の一般市民を
無差別に攻撃したアメリカは明らかに国際法違反であり、そんなアメリカが
「間違っていた」と思いますし、そんなアメリカと戦争をしたことが
「間違っていた」とも思いますね。
が、それもこれも、当時を考えればやはり「やむを得なかった」と
いうことになりますね。
それと、戦争責任に関する議論については、「補償や賠償金をバラ撒きすぎた」
という面では「不十分だった」と考えます。
「十分に賠償したか」という面では、「賠償しすぎた」「十分過ぎるほど十分」
と考えます。
こちらも詳しくは日本の戦後補償条約一覧 - Wikipediaをどうぞ。
「何でこんな国と?」という国名が出てきたりしてます。
韓国については当時は日本国だったんですから、当時軍事的にドイツに
併合されていたオーストリアと同じように、賠償金をもらう側ではなく
支払う側として「戦争責任」を厳しく議論するべきでしたね。
アジア各国に対する補償については、在外資産を放棄するということで
賠償や補償金は一切支払うべきでなかったのではないかとも思います。
詳しくはついては日本の戦争賠償と戦後補償 - Wikipediaをどうぞ。

で、さらに抜粋。

・戦争を体験した70代以上では、「やむを得ない」(45%)が「間違った戦争」(37%)を上回り、60代でも「やむを得ない」が36%と全世代平均に比べて高かった。
・近い将来に日本が外国と戦争する可能性があると思うかとの設問では、「ないと思う」が73%と高率だったものの、「あると思う」も22%あった。


実際に太平洋戦争を過ごされた方たちは、当然分かっていらっしゃると
いうことでしょう。
「戦争の可能性」についてですが、う〜む、これって、日本が外国から
宣戦される可能性について無視してるような気がするんですけどねぇ。
日本は残念ながら、中国・韓国・北朝鮮に囲まれています。
中国は太平洋戦争後、チベット侵略・朝鮮戦争・中越戦争・中ソ国境紛争などの
戦争や紛争を外国と起こし、中国国内でも国民を殺しまくっており
現在では核も所有している危険極まりない国家です。
韓国は竹島を軍事力で侵略しているし、北朝鮮は「核」をちらつかせて
各国から支援を得ようなどと幼稚なことを考えている、無知無能の独裁者が
国を治めているという恐ろしい国家です。
日本は欧米と同じく先進国であり、現在は帝国主義でもないですし、
他国を侵略する意味など全くないことを理解しています。
が、上記三国家は、思想が遅れている後進国であることを認識するべきです。
そういう意味で、僕は「近い将来に日本が外国と戦争する可能性がある」
と考えます。

そうそう、余談ですが、昨日、実家でテレビを見てました。
「災害や事故から逃げ遅れないためには」という内容だったのですが、
平和ボケしている日本人は「逃げ遅れる」可能性が高いようです。
テレビでは、以下のいつの時点で逃げるか、の実験をしていました。

1.警報機が鳴る。
2.消防車のサイレンが聞こえる。
3.室内に煙が入ってくる。

普通であれば、警報機が鳴った時点で逃げそうなものです。
しかし、室内に一人でいた場合、警報機だけでは逃避行動を起こさず、
サイレンが聞こえて初めて行動を起こす人が多いようです。
また、室内に多人数いた場合、誰かが動かないと煙が室内に入っても
行動を起こさないという結果が出ていました。
さらに、室内に10人いて、9人がサクラで動かない場合、なんと室内に
煙が充満しても残った一人は逃避行動を取らないという結果が出ていました。
最後の実験は室内に煙が充満しても動かず、時間切れで実験終了でしたから、
見ている僕も驚きましたね。
確かに僕も平和ボケしているので、警報機がなっただけでは逃避行動は
取らないかもしれません。
注意しないといけませんね。

この状況、現在の日本と似ていませんか?
2005/08/14(Sun)


[ お盆休み中です(その2) ]
さて、実家でのんびりしているわけですが、お盆休みも今日と明日の
二日間のみとなりました。
いやぁ、休みが過ぎるのって本当に早いねぇ・・・。
先日に続いてお盆休み中のレポートなど。

1.親父の実家に帰った。
親父の実家は長野県長野市七ニ会というド田舎にあります。
この地図だと分かりづらいかもしれませんが、とにかく田舎ですよ。
以前も紹介しましたが、細い山道をまだ登るのかというほど登った
海抜700mを超えたところにある小さな集落です。
20年前に親父のお袋(つまり僕の祖母)が亡くなった時は土葬でしたから、
どれほど田舎かは御分かりいただけるのではないかと。
ちなみに蚊は存在しません。
虻ならいるけど(笑)
今回はおよそ1年前に亡くなったうちの親父の兄貴(僕のおじさんにあたる)
の法事だったんですよ。
親父の兄貴と言っても、うちの親父は8人兄弟(本当はもっと多いらしく、
すでに子供の頃に亡くなっている方もいるらしいが、詳しくは知らない)
の下から2番目で、亡くなった兄貴とは20歳も歳が離れてました。
で、嫁のキテこを連れて法事に参列したわけです。
キテこは初めて見る親戚連中に緊張しまくりでしたね。
しかし何度来てもいいところですね。
クーラーなんてないんですが、涼しいですし、景色は良いし、
空気は美味いし、水は冷たいし、緑もいっぱい。
また行きたいですね。
そうそう、すぐそばに岩草清流の湯という民宿がありますので、
興味のある方(いないと思うが)は是非お越し下さい。
いや、本当に何にもないですよ(笑)

2.扶桑社教科書、杉並区も採択 東京23区で初
過激派の中核派が支援する「『つくる会』の教科書採択に反対する杉並親の会」や
共産党と友好関係にある「杉並の教育を考えるみんなの会」の活動家ら
反対勢力の妨害
に負けず、よくぞ採択してくれました。
応援しておりますので、頑張ってください。
ついでにこちらが、中核派指名手配犯人です。
木下治人の写真古川康三の写真大坂正明の写真山本寛の写真
木下治人(58歳)  古川康三(40歳)  大坂正明(55歳)  山本 寛(56歳)
※年齢は、H17.5.26現在です。
見つけたら是非警察にご一報を。

3.衆議院総選挙 労働組合など小話
名古屋の有力紙である「中日新聞」は、プチ左向きの電波新聞として
有名(?)らしいですが、トヨタ労組は民主党支持なんですね。
何がどうして民主党支持なのかは分かりません。
っつうか、こういうのってうちの会社もあるのかな?
まあうちの会社はライブドアのニッポン放送買収の時も、こそっと
フジテレビのTOBに応じてたみたいだし(大きく報道はされなかった模様)。

っつうか、うちの会社の労組がどこを支持してようと、
今回は自民党に投票しますけどね(笑)

そうそう、岡山ですが、面白い事になっているようです。
平沼(岡山3区)は亀井派なんだが、亀井や平沼は自殺した永岡氏の件でも
こんなことやってる。
この記事についても激しく違和感を感じる。
「長い間、地元や県のために尽力いただいた」とあるけど、県のために
頑張るなら県議員や知事でいいじゃん。
衆議院っつうのはあくまで「国会議員」なんだから、今回の選挙は
「国会議員の有り方」を見つめなおす意味でもいいかもしれません。
そういうわけで、亀井さん、あんたは県議員として頑張ってくれ。

4.卑劣な韓国人
いや、韓国人が卑劣なことは分かりきってるんですけどね(笑)
とうとう新聞ネタにされちゃいましたね。
2005/08/13(Sat)


[ さて、お盆休みです。 ]
名古屋の実家に帰省中のスーパーミートでございます。
今年も名古屋は暑いっす・・・。

特に書くこともありませんが、ここ数日思ったことなどを。

1、東アジアサッカー選手権
日本が韓国に勝ったっつうことよりも、この大会って必要なんですかね?
女子は必要かもしれませんが、男子についてはどうなんですかね。
日本も韓国もそうですが、欧州チーム所属選手を呼ばずに結局2〜3軍の
選手が中心の大会です。
国内の選手も疲れているようだし、「新しい選手の発掘」以外の目的が
全く見えてきません。
いや、最初からそういう目的で、勝ち負けには拘らないのであれば
それはそれでいいですよ。
でもねぇ、う〜む、勝っても負けてもあんまり燃えないんですよね。
皆さんはどう思いますか?

2、郵政改正法案否決で、衆院解散・総選挙へ
はっきり言いましょう。
郵政改正法案については、賛成でも反対でもありません。
賛成派の意見も分かるし、反対派の意見も分かる。
ただ、小泉さんって結構好きなんですよね。
土下座外交を繰り返した橋本さんよりは一億倍ぐらいマシです。
僕は今回は自民党に入れようかなと思ってます。
というか、民主党に政治はやらせられんという思いだけですね、今回は。
日本をないがしろにして「アジア外交」とかくだらんこと言ってるヤシに
日本は任せられん。
民主党は西村さんだけ頑張ればいいんです(笑)
公明党も気に入らないんですが、今回は背に腹は変えられん。
今回の選挙で社民党は消え去るでしょうね。いい気味です。

3.二度目の地球博
人出はGWよりは少なかったですね。
が、それでも多い事に変わりはないです。
今回は早い時間に家を出たので、地球博の目玉の一つであるマンモスを
無事見ることができましたよ。
まあ、たまたま整理券を取れただけなんですけどね。
トヨタ館は整理券が取れず、断念しました。
整理券の配布はあったんですが、整理券を手に入れるために2時間も
3時間も命を削って並ぶつもりもないですからね。
日立館も9:30で整理券の配布はとっとと終了してましたね。

今回の万博は、地球の環境には優しいかもしれませんが、人間には
ちっとも優しくない万博なので、行かれる方はご注意くださいね。

ま、こんな感じです。
あんまり詳しい事書けなかったですが、また書きますよ。
ではでは。
2005/08/08(Mon)


[ 今日から休みという罠。 ]
本日から14日まで休み、15日から仕事のスーパーミートでございます。
っつうか、15日に会社行っても書類整理して終わりそうな気がするんですが・・。
というわけで、今日から嫁のキテこと僕の実家の名古屋に帰ります。
その後、僕の親父の実家の長野へ行く予定です。
いやぁ、バタバタと慌しい休みになりそうです。

愛・地球博のチケットが2枚あるんですけどね・・・。
どうしますかね・・。
以前懲りたしね。
2005/08/06(Sat)


[ だんだん正体が見えてきましたね。 ]
今日のお昼ぐらいからサーバが止まってたようです。
アクセスできなかったみなさん、どうもすいません。
DDNSの更新にDice for Linuxを使ってるんですが、
う〜む、数日ほっとくとハングアップしちゃうんですよね・・・。
何か良い方法はないですかね?

さて、今日の話題は杉並区での教科書採択を巡る攻防 〜暴かれた反日団体の実態〜のリンクから。
いやぁ、とうとう報道されちゃいましたね。
「平和」「戦争反対」などの言葉を声高に叫んでる連中が、とても恐ろしい
過激派・中核派であるということが。
まあ、これからこういうやつらの素性はもっと広まっていくことでしょう。
まあ、こいつらは「平和」を叫びながらも、中国のチベットや、文化大革命や
天安門事件で自国民を大量に殺していることなどを全く批判しませんからね。
そりゃ、おかしいと思うでしょう。
まあ、こんな連中はとっとと滅亡してくれることを祈ります。

ということで、もう寝ます。
おやすみなさい。
2005/08/04(Thr)