トップへ戻る
過去日記ログ
他の月を見る

徒然なるままに書き殴り

特にテーマは決まっていません。仕事・コンピュータ・政治・日々の戯言など、
思いつくままに、気ままに、適当かつ無責任に書いております(笑)
暇つぶしにもならんかも。

2001年10月から書いてます(w
(2005/09)


[ ホワイトバンド「ほっとけない世界のまずしさ」という怪しい活動について ]
結構話題になってるようですね、ホワイトバンド。
とうとう、東京タワーもこんなことになっちゃいました。
中国地方でも大人気のようですね。
こちらはYahoo!のホワイトバンドのボランティアページですが、
こんな有名人がいっぱいで、いやこりゃ、すごいっすね。

で、ちょっと調べてみました。
最近は募金詐欺も多いし、気をつけないとね。
「ホワイトバンドプロジェクトは、貧困をなくすことを目的とする世界規模の
市民運動です。」っつうことですが、あれ?、「市民運動」って、
どういうことなんですかね。
いきなり怪しい・・・・。
収益活用の内訳(目安)と使途(PDA)っつうのがあったので、
ええ、中身を確認してみました。
「300円のうち30%{つまり90円)が世界の貧困を無くすための活動費に
使われます。」って、ん?、「活動費」って何よ。
実際に貧困な人間たちにお金を送るんじゃないのか?
やっぱり、何か怪しくないか、これ。

と思っていたら、やっぱり怪しいようです(笑)
FrontPage - ホワイトバンドの問題点が詳しいのでどうぞ。
ポイントだけコピペしておきます。
------------------------------
・ホワイトバンドキャンペーンは募金活動ではなく,日本政府の援助政策の変更を要求する政治活動である。
・基本法と一元的組織としての援助庁の設立を目指す
・売上が製造原価や流通費だけでなく、地球市民教育(ちゃねらーの悪口ではない、実際に言っている)の活動資金、市民社会組織の構築活動の資金などに消えます。
・運動の発生地はイギリス。 イギリスの対アフリカ債権は1000万ドル,イギリスからアフリカへの武器の年間輸出は2700万ドル。
・ファミマには数百億ドルの債権放棄の主張は一言も書いてないらしい
・ファミマ等販売店はキチッと利益を乗せている
・アメリカ版は国家予算の1%を貧困とエイズのために使う日本のは債務帳消が目的だから根本から違う
・アメリカのONE Campaignは活動資金を調達するキャンペーンではありません。 転売も奨励されていません。
・指パッチンフィルム参加者
  桜井和寿 中田英寿 カヒミ・カリィ 北島康介 SHIHO TERU 中村勘三郎 一青窈 藤原紀香 Misia 宮沢和史 村上龍 柳楽優弥
・日本が債権放棄→払わずにすんだお金で政府が武器を買う→対立する部民族を攻撃する→内戦なので他国は干渉不可→難民が生まれる→貧困※つまり債権放棄は現状維持に加担
・アムネスティ・ジャパンは学校の国旗掲揚・国歌斉唱に噛み付いて、アムネスティの本部から「団体の理念とかけ離れた行動をしている!」 と非難された
・ピースボードにも活動資金が行く、ピースボートの設立者は大阪の高槻から出馬している辻元清美
・辻元の旦那は北川明で彼は日本赤軍メンバー、北川はヨーロッパで日本赤軍の資金調達係
・国際指名手配されていた日本赤軍のボスは大阪の高槻で逮捕された
債務を帳消しにした場合、1兆5000億円、日本国民の負担は国民全員から13000円相当
・総選挙前日にホワイトバンドデーを開催して小泉に参加を迫っている、辻元も参加すべきとの声をあげている辻元ブログにも、「小泉さん、9月のホワイトバンド・サミットに行くべきです!」ってはっきり書いてある
・NPOやNGOの代表って元電通の人間が多いらしい。広告より儲かるから
・UK製品はやはりアフリカで生産しているようだ。日本は中国しかも原価がとても高い生産費流通費で200円はありえないらしい
・中田の所属してる事務所(サニーサイドアップ)も出資しているらしい
・ホワイトバンドと日本赤軍の関係
日本赤軍(解散宣言済)→(名称変更) →ムーヴメント連帯 (人的資金的協力関係) →ピースボート (参加、収益金分配予定) →ホワイトバンド事務局
資料 警察庁 国際テロ情勢と警察の対応
http://www.npa.go.jp/kouhousi/biki3/0201.html
旧日本赤軍の新公然組織「ムーヴメント連帯」(更新停止中)
http://www3.tky.3web.ne.jp/~sper/UNADY/2.html
・上記以外にも連帯の活動に参加するジャーナリスト後藤和夫氏はピースボートで『後藤塾』なる「メディア部門」育成活動を行っている。
http://www.peaceboat.org/cruise/report/39th/sep/0915/
・過激派の市民活動への浸透について
警察庁 反戦運動を中心に各種社会事象に敏感に取り組まれた大衆運動
http://www.npa.go.jp/kouhousi/biki3/09.html
公安調査庁 平成16年の国内情勢 3.共産党・過激派等
(5)海外団体との連携を強化する反グローバル化勢力 など
------------------------------
っつうか、ここにも日本赤軍ですか?
中田くん・・・。

日本人はボランティアとか人権とか戦争とか平和とか、そういう言葉に
弱いからなぁ・・・・。
先日もこんな募金詐欺事件がありましたし、いやぁ、
人間の優しさに付け込む犯罪も多いですから、やはり自分できちんと
確認してから寄付なり募金なりはやりましょうね。

子供の頃に、赤い羽根募金とかあったけど、あのお金はちゃんと有効に
使われたのだろうか・・・?
2005/09/10(Sat)


[ 最近仕事が忙しいっす・・・。 ]
ご無沙汰しております、スーパーミートでございます。
ええ、頑張って生きてますよ(笑)
なかなか日記を書けなかった訳ですが、何をしていたかというとですね、
仕事してました(泣)
日記どころか、メールのチェックもできませんでしたね。
いやぁ、転職して9ヶ月が過ぎましたが、なかなか難しいものですねぇ・・・。

今の仕事先では入金の管理は営業が全て行うことになっております。
ええ、入金についても営業成績の範囲となるわけです。
で、その入金ですが、基本的に現金となって会社に入金された時点で
カウントしますので、手形の場合は現金化されたときにやっと入金扱いに
なったりするわけです。
リースの場合は、リースから会社に支払いがあって、初めて入金となります。
ええ、以前の仕事はここまで厳格な入金の管理ってしてなかったんですよね。
また、以前の会社では基本的に取引をする会社とは、事前に取引開始の
稟議を挙げていて、締め日や支払日が取引をその会社と取引を開始する前に、
きちんと決められていたんですよね。
そういう取り決めがしっかりしていたので、回収については基本的に
業務課が管理していたんです。
つまり、営業は検収して売上伝票を挙げれば、基本的に仕事は終わり。
入金がなかった場合に営業が取り立てに行くことはありましたが、
入金の管理そのものはやっていませんでした。
が、現在の仕事は入金の管理も営業の仕事。

8月末検収で8月中にリース会社に売上予定だった物件があったとします。
が、検収が客先の予定で9月にのび、リース会社への売上も9月になったとします。
以前の会社の僕なら、8月売上が9月売上にのびたけど、まあ半期決算は
9月だからよしとしようと思ってました。
が、元々の予定が8月リース開始で9月末にリース会社から支払いの予定だったと
すると、リース会社の支払い条件が末締め翌月末支払いだったということで、
当然当社への支払いも一ヶ月のび、10月末になってしまうわけです。
というか、そういうリース会社への支払い条件も見積もりなりに書いてある
わけですし、場合によっては事前にリース会社と折衝することも可能なのですが、
いかんせん、そんなこと今までやったことないし、そういうことが可能と
いうことさえ考えたこともなかったんですね。

当社ではこういう場合、客の予定で検収がのびたのだから、9月検収で
9月リーススタートは仕方がないとはいえ、入金は当初の予定通り
9月末支払いでやってもらうということをリース会社と折衝せねばなりません。

う〜む、改めて考えると当然といえば当然なんですが、実際問題として、
そういうことを思いつきさえもしなかったんですよね・・・。


他にもまあ、いろいろと大変ですよ。
例えば、本部がメインで商談を進めているそれなりの規模の物件がありまして、
本来岡山の現場での担当がいたんですが、仕事が忙しいということで、
僕に担当が変更となりました。
それもすでにRFPが出ており、すぐに見積もりを出さないといけない状況。
ええ、もちろん僕は何も分かりませんから、引継ぎをして、現場でやらないと
いけないことを前任者から教えてもらったわけです。
基本的には本部の担当者の指示にそって動けば問題ないということでした。
で、まあ、僕は本部に言われるまま、期限通りに見積もりを提出したわけです。
が、後日、前任者からどんな見積もりを出したのかの質問を受け、
提出したコピーの見積もりを見せたわけです。
で、そこで、様々な問題点が浮上したわけです。
例えば、
1.この価格では他社に勝てない。もっと値引きを本部に要望するべきだった。
2.SI費が高すぎる。これをどう説明するのか?
3.工事費が含まれているが、この工事費は本当に見積もりに必要なのか?
4.見積もりを提出した後に、以下を確認してない。
 1.他社から見積もりは出たか?
 2.価格はどうか?
 3.見積もり項目は他社と同じだったか?
 4.再度見積もりの提出はできるのか?

僕は本部の指示どおり動いたわけですから、そういう意味では僕に落ち度は
ありません。
それは前任者もわかってるんですよ。
が、僕は平社員と同じ待遇で入社した社員ではないんです。
中途採用で、即戦力だと思われている。
当然それぐらいは分かってると思われていても仕方ないんですね。

先日のトラブルの件もそうですが、即戦力の期待に全く答えられていない
というのが現状ですね(泣)
例えば、営業時の客先VIPの把握もそうなんですが、以前は基本的に
小企業が中心でしたが、現在は中大企業がメインです。
以前は社長を抑えればほとんど大丈夫でしたが、今はそうはいきません。
情報システムを抑えても、結局は営業部の方が力が大きいのが普通だし、
そっちとコネクトを保とうとしても、営業部が嫌がるし、情シスも
いい顔をしません。
かと思えば、総務部の力が大きかったり、結局社長を抑えないとダメだったり・・。

なかなか難しいです。
これからはいろんなことを考えつつ勉強しつつ行動しないといけないなぁ・・。
ということで、今は会社の資料を引っ張り出しては勉強をしていたりします。

ま、頑張りますよ・・・・。
次の更新はいつになるやら。

あ、明日の選挙は行く予定です(笑)
2005/09/09(Fri)