トップページへ戻る
過去徒然ログ
他の月を見る

徒然なるままに書き殴り

特にテーマは決まっていません。仕事・コンピュータ・政治・日々の戯言など、
思いつくままに、気ままに、適当かつ無責任に書いております(笑)
暇つぶしにもならんかも。

2001年10月から書いてます(w
(2008/09)


[ FX−いい勉強になりました。 ]
世界同時景気減速でクロス円急落、ECBの担保引き上げも円買い誘発

9/4のクロス円大暴落と、9/5の激しい上下動、すごかったです。為替相場の恐ろしさというものを実感した二日間でした。

9/4の夜のユーロ暴落で数万円の勝ち、9/5早朝のシドニー開場による乱高下で
15分ほどで5万円ほど勝ってたもののすぐに0になり、そして9/5の夜、
ショートカバーの直撃であっという間に10万円近く負け、その後何とか取り返して、
結果的にはチャラという1日でした。

10万円負けているときは生きた心地がしなかったですね、いや、本当に。
今回改めて思ったことは以下の2点。
1、分らない時の相場には手を出さない。
2、1日の勝ち金額と負け金額の限度を決める。
動きが激しいのでスキャルピングで儲けられそうな気もしますが、
まあ素人には無理ですね。
チャンスは今日だけじゃなく今後何度もやってくるわけですから、
焦る必要はないわけです。
「チャンスに大勝」ではなく、「毎日地道にプラス、負けない程度に」ですね。
それと、これも思ったのですが、9/5のシドニー開場の時なんか、
わずか15分程度で5万程度買っちゃったわけですよ。
ええ、そこでやめておけば良かったんですよ。
が、欲の面が厚いんでしょうね、結局「まだ上がるだろう」とか
「もうすぐ下げ止まるだろう」とか勝手に考えちゃって、結局負けちゃうんですね。
9/5の夜も4万円プラスでやめておけば、そこから10万円のマイナスに
なることもなかったわけですよ。

結局大荒れの9/4、9/5はチャラでしたね。
まあ、始めたばかりの時期に非常にいい勉強になりましたよ。
逆にこの相場でプラマイゼロってのは非常にラッキーだったかもしれませんね。
来週からは心を入れ替えて、地道に確実に取り組んでいきたいですね。

すっかりFX日記になってきたわけですが、仕事は仕事でちゃんとやってますからね(笑)
2008/09/06(Sat)