トップページへ戻る
過去徒然ログ
他の月を見る

徒然なるままに書き殴り

特にテーマは決まっていません。仕事・コンピュータ・政治・日々の戯言など、
思いつくままに、気ままに、適当かつ無責任に書いております(笑)
暇つぶしにもならんかも。

2001年10月から書いてます(w
(2010/05)


[ 鳩は殺処分しないのか? ]


2010.5.20【口蹄疫問題】江藤拓議員(衆議院本会議)

江藤議員 4分57秒あたり
「大臣が始めて宮崎入りしたのは、5月の10日。
現場の皆さんが切々と訴えよう、直接訴えようと待っていたにも関わらず、
現場から遠く離れた宮崎市にしか足を運ばれませんでした。
その時、川南町では、大きな失望と国に我々は見離されたと・・
そういう声を私はたくさん聞きましたよ。」

民主議員の野次
「そういう悪口しか言えねんだろお前〜」


江藤議員 9分20秒あたり
「私は、野党の一代議士でありながら、
 地域の皆様にお詫びを申し上げながら日々をすごしてまいりました」

民主議員の野次
「ずっと謝ってろ」
=============================================
鳩に「ルーピー」とヤジった丸川議員よりも、上の民主のカス議員の方がひどくね?

責任は取らない、約束は守らない、結局民主党は根っからの野党なのよ。
2010/05/21(Fri)


[ 日本畜産業終了のお知らせ ]
日本畜産業終了のお知らせ

いや、本当にこうなるかもしれんよ。

以下、覚書
1.10年前、自民党は100億円の予算を迅速に確保
 →農家が対策に打ち込めた
 →内、35億円で対策終了(殺処分735頭で済んだ)

2.今回、民主党は初動に失敗、それ以降も無策
 →口蹄疫が発生している韓国からの輸入緩和
 →口蹄疫発生時の制限を緩和
 →口蹄疫損害補填の機関を仕分け
 →自民党が42項目の要求をしても動かず
  (※自民党谷垣総裁が4/28に予算措置等要請)
  →4/30、国の融資枠を100億円に拡大
   (多くの畜産農家には借りる経営体力は無いから役に立たない)
 →5/6に鳩山総理、報道各局の政治部部長経験者と料亭で夕食
 →赤松大臣は外遊
 →8日帰国し何故か栃木県で赤松大臣、民主党の選挙応援
 →来県した小沢一郎は選挙の話だけ
 →宮崎県が初動33億円拠出するも枯渇
 →(=殺処分8万頭以上、更に増加中)
2010/05/16(Sun)


[ 赤松口蹄疫 ]


ちなみに10年前に同じ宮崎県で口蹄疫が発生したときは、当時の自民党政権の
早急な対応で740頭の殺処分でした。
で、今回のは今日現在でおよそ7万7000頭。

・殺処分された家畜の評価額の5分の4を補填(ほてん)する制度について、
 今回は国が全額負担する意向を表明。

金で済ませて終わりにする気か?
事業仕分けとかバカですか。

大臣も副大臣も政務官も仕事ができないクズのようだし。



上の動画もデマが入っているようで、全部が全部正しいことはないと思うが、
現政権の対応は悪すぎるし遅すぎるし矛盾しまくり。
これでも民主党を支持する人間が存在する。
それが不思議だ。
2010/05/13(Thr)