トップページへ戻る
過去徒然ログ
他の月を見る

徒然なるままに書き殴り

特にテーマは決まっていません。仕事・コンピュータ・政治・日々の戯言など、
思いつくままに、気ままに、適当かつ無責任に書いております(笑)
暇つぶしにもならんかも。

2001年10月から書いてます(w
(2012/12)


[ あっという間に時間も去り ]
明日は衆議院選挙ですね。
今回は自民党の圧勝は間違いないでしょう。ちょっと安心。
3年前に甘い口車に乗って民主党に投票しちゃった人は、今回はどこに投票するんでしょうか?(笑)
できないことをできると言って騙るのは詐欺師ですので、それに騙されないようにしましょうね。

少し早いですが、今年のまとめ。

1、20kg痩せたぞ。
3年以上前に買ったWiiFitを引っ張り出して、主に筋トレで痩せました。
途中でWiiFitだけでは痩せなくなってきたので、プロテイン飲んで、ジョギングもして、
筋トレも強化しました。
ムキムキまでいかないけど、我が人生で一番今が筋肉質になった気がします。

2、裁判勝訴!
裁判と言っても、前住んでた賃貸住宅の敷金返還訴訟で、僕は原告で、大家が被告なんですけどね。
Webで探した司法書士事務所長谷川司法書士事務所にご支援頂き、全額取り返しました。
大まかな流れは、

原告:請求書・電話による敷金返還催促

被告;完全無視

原告:少額訴訟提起

被告:通常訴訟移行、かつ、裁判所管轄の移送申立
※(移送申立とは、原告が訴えた裁判所ではなく、移動の手間などを理由に違う裁判所への
移動を行うための訴え。
今回は被告が契約書に記載していることを理由に、被告が在住する場所(つまり、僕が当時住んでいた場所)
への移送を訴えた。

裁判所:被告の移送申し立て却下
※その理由を簡単に書くと
「契約書に書いてあったとしても、賃貸借契約終了後に原告の居住地が変更になることは容易に想定でき、
相手方の防御の機会を一方的に奪うものであり、容認できない。」
「原告は経済的弱者であり、原告が移送先の裁判所に赴いての訴訟行為は困難」

裁判実施、原告全面勝訴
※被告は裁判参加せず、つまり、やる気なし。

原告:費用請求

被告:完全無視
※つまり、被告は裁判に負けても最初から支払うつもりなんてなかった、ということです。

原告:銀行差押実施

被告:支払い実施

被告は土建業が本業で、株式会社でホームページもあり、県の建設業許可や二級建築士もいる
ちゃんとした会社です。
ですので、銀行を差し押さえたのが月末でしたから、すぐに泣きついてきましたね(笑)
最後まで謝罪の言葉もなかったですが、費用も多少多めに頂きましたし、
こういう人間には何を言っても無駄ですしね。
結構大変でしたが、いい経験になりました。

3、出世できず・・・
昇格試験に落ちました。昨年に続いて連続です。結構ショックでしたね。

4、車を買いました。
中古で買って5年乗ってたボルボが、旅行中にエンジン不調でえらいこっちゃになり、
やっと買い換えを決意。
いやぁ、以前から買い換えは検討していたのですが、結局面倒臭くなっちゃって。
高い買い物だし、車好きってわけじゃないし。
結局、中古の国産のよくあるミニバンにしました。
広くて快適ですし、今のところは気にいってます。
不満は、燃費が悪いところ(ボルボよりも悪いんじゃないか?)と、エンジンブレーキの使い勝手が
悪いところぐらいでしょうか。
ボルボは、燃費が悪い、修理費用や部品代が高い、パワーはあっても重いなど、不満もありましたが、
安定性があり乗り心地もよく、大きな故障もなく(特にバッテリーは追充電も交換もなし)、
よく走ってくれました。
5年間、お疲れ様でした、ありがとう。

という1年でした。
まあ、家族が皆健康で過ごせたことが一番ですかね。
ちなみにうさぎはまだ元気にしております(笑)

今度はいつ書くか分かりませんが、1年更新がなかったら死んだと思ってください(笑)
ではまた思いついた時に。
2012/12/15(Sat)