トップページへ戻る
過去徒然ログ
他の月を見る

徒然なるままに書き殴り

特にテーマは決まっていません。仕事・コンピュータ・政治・日々の戯言など、
思いつくままに、気ままに、適当かつ無責任に書いております(笑)
暇つぶしにもならんかも。

2001年10月から書いてます(w
(2013/02)


[ 何のためのダイエットだったのだろう・・・ ]
日本酒に相変わらずハマってますが、何か最近、平日日本酒を呑みまくって弛んだ体を
土日祝日で鍛えて戻すというスパンになっているような気がします。

いやぁ、全く酒を飲まず、「つうか、ドライフリーで良くね?」っていう時期がありましたからね。
当時、ドライフリーの旨さにはマジで驚きましたしね。

中途半端ですが、続きは気が向いたら適当に書きます(笑)
2013/02/18(Mon)


[ 日本酒 ]
円高時に損切り覚悟で仕込んだFXにやっと含み益が出てきた今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか?

昨年末の日記に減量した話を書きましたが、逆行して今秋ぐらいから日本酒にハマっております。
日本酒は学生時代に一升瓶で1000円ちょいの安酒をよく飲んでおり、ヒドイ二日酔いになるイメージが強く、
それから随分と飲んでいなかったのですよ。
それが会社の飲み会で久々に日本酒(地酒)を飲んでみたことがきっかけで、
その日本酒のあまりの美味さに驚愕し、ちょっとして家呑み用に日本酒を買ってみたのですが、
それからすっかりハマってしまった次第です。
僕の好みは、香りの甘い淡麗甘口の純米酒で、ちょうど今流行っているフルーティ系の味だと思います。
ちなみに醸造アルコールを否定するつもりはないですが、僕の好みだと純米酒になってしまいます。
マニアチックな酒屋からチェーン店までいろいろ行っていますが、
一升瓶で2000円強という勝手な思い込みの厳しい予算の中、何とか自分好みの酒を探そうと、
それなりに楽しくやっております。
当然自分好みじゃないハズレを引くこともあり、常に情報収集もしておりますが、
高価だったり入手しづらかったり(日本酒は地酒が多く、その地場以外は入手が困難なケースあり)、
なかなか思い通りにいかないのが現状です。
そんな中、美味くて安価で手軽にどこでも入手できて、かなり気に入っているのが、
リカーショップ「やまや」(イオングループ)で売ってる加茂錦酒造(新潟県)の
「純米吟醸越後仕込微濾過酒」です。
※画像は面倒なのでアップしませんが、気になる方は「加茂錦 純米吟醸」でググってみてください。
価格は一升瓶(1.8L)で2200円を少し下回るぐらいだったと思います。

日本酒を呑みだしてから気付いたのですが、例えば純米大吟醸ながら安価で良質な酒として人気の高い
獺祭純米吟醸50(山口県)が居酒屋「和民」にあったりで、結構いい酒がそのあたりの居酒屋に
あったりするんですよね。
またいい酒があったら勝手に紹介しますよ。

では。
2013/02/13(Wed)